人事評価改善等助成金

人事評価改善等助成金
b0170650_17310204.jpg
今年度一番話題の新鋭助成金です。ただ、原理はわかりやすいのですが、その制度の導入についてはいささか困難が伴うというところです。どういう困難かというと・・・

・人事制度は賃金表が伴うものでなければならない。評価で賃金をいくら出すという項目を整然と作れるかどうか?現実は賃金設計は、例外が多くてなかなか統一できない。

・2回目の受給は「生産性、賃金アップ、離職率」の3つをクリアしなければならない。人事制度は賃金を減らすために入れる、考えが存在する場合、最初の50万円だけで導入が可能かどうか?

ということです。ですから助成金の額で比較すれば、職場定着支援助成金 雇用管理制度助成コースが比較対象になってくるのです。それに比べて人事評価改善等助成金はより本格的な人事制度=評価制度+賃金表を求めます。何も人事制度がない場合は、各社員の方の賃金や仕事の棚卸も必要でしょうし、手当などの調整も必要になってきます。大掛かりなことになりますね。

本書ではそのような人事制度として何が求められるのか、また、主要な申請書類についても記載例を明らかにし、上記のような課題をクリアできるかどうか、判断できる材料を揃えて記載しています。

[PR]
by sinrousya | 2017-10-18 05:00 | 2017年度扱い助成金


<< 人材開発支援助成金(制度導入コース) 見本届きました! >>