助成金の”二百三高地”

二百三高地とは、

日露戦争に勝つためには、旅順要塞を落とさねばならず、旅順要塞を落とすためには、二百三高地を奪わねばならないという、歴史用語ですが要は急所のポイントのことです。

高さが203mだから二百三高地という、なんとも目立たない名前です。旅順要塞の他の山は松樹山とか、東鶏冠山とか、あでやかな名前が付いているのにです。物事のポイントはなんとも目立たないところにあるようです。

助成金申請についてはいかがでしょうか。

中小企業緊急雇用安定助成金…申請でタイムカードと、事前の計画が合っているかどうか。
基盤人材助成金…最後の申請で設備投資が認められるか。
パートタイム助成金…規程作りの文言。「全員じゃないじゃないか!」などと言われないように。
定年等引き上げ助成金…定年規程の文言。これも文言によって微妙にならないようにする。
育児関連助成金…ホントに休んだのか、ホントに産んだのか、という証明。

主な助成金だけでこういったところです。しかも旅順要塞攻略戦では、二百三高地攻防戦が一番の死傷者を出したように、この局面では大変な労力を使うのです。
[PR]
# by sinrousya | 2009-05-14 05:00 | ★助成金小ばなし

中小企業短時間労働者均衡待遇推進等助成金

中小企業短時間労働者均衡待遇推進等助成金

いわゆる「パートタイム助成金」です。今回の不景気における改正では受給額の増額にとどまりましたが、「短時間正社員制度」が入るなど、ちょっと変化したところもあります。

昨春のパートタイム労働法の改正で脚光を浴びるのではないかと思いましたが、それとコレとは別なようで、予算がなくなるなどの現象も起きませんでした。

管轄の役所は育児関連の助成金を扱う「21世紀職業財団」です。東京では隠れ潜むような場所にありますが、ハローワークなどのヒトが集まる場所で堂々と宣伝できないものかと思うほど、余り知られていない感じの助成金です。

ただ資料は多く出ています。就業規則や賃金規程のひな形も本書では全部収録しています。
[PR]
# by sinrousya | 2009-05-13 05:00 | 2009年度扱い助成金

素直にモノいう方々

助成金の申請の窓口では書類を見てもらうために、1時間も2時間も係官とやり取りすることがあります。その間、さまざまな面談者が周囲に来ては帰っていきます。

申請する方は書類を通そうと、おおむねおとなしく紳士的に振舞うものなのですが、怒鳴り散らしている方を2回ほど見たことがあります。この方々は社労士ではないでしょう。

雇用助成金の申請代理は、社労士の独占業務です。助成金の窓口に来ているほとんどのヒトは社労士か事務所の職員なのですが、中には社長さん自ら来ている場合もあります。怒ったのは多分社長さんでしょう。

助成金の申請に対する当局の態度は「相談歓迎、しかし実際の受給となると削れるだけ削るよ」という態度です。役所の統計も相談件数は載っていても、受給実績の件数となると載っておらず、なかなか教えてくれません。

そんな当局の態度に慣れている社労士はいいのですが、慣れないと私自身が2回見た、怒鳴り散らしの実例の通りになります。

「どうして出るといったものが、出ないんだ!!!」

最初は「ぜひ受給しなさい」と親切に勧めるのですが、当局の体制は相談件数ありきの世界です。助成金の給付は広く浅くという方針です。受給要件も細かい規定をたどって進めば、受給が減らされる局面も出てきます。それに慣れないと余計なストレスを溜めることになります。

こういう怒鳴り声を聞くとなぜか清清しい気分になります。しかし怒鳴るほうは必死で、不愉快なことこの上ないでしょう。当局の立場を理解した上で、こういうストレスも専門家に任されることをお勧めします。
[PR]
# by sinrousya | 2009-05-13 05:00 | ★助成金小ばなし

助成金受給に伴う「調査」

社長さんも専門家も一番コワイのが、この調査でしょう。助成金で気付かなかった不正をしていないか、あるいはそれがモトで小さな法律違反を勘繰られやしないか、と戦々兢々となるものです。

一番身近なのが、助成金を直接担当する役所の調査ですね。
・会社が実際あるのかどうか
・労働者がいるのかどうか

という基本的なことをしばしば抜き打ちで見に来ます。それ以外にも書類を精査してみると、実は重要な受給要件をクリアしていなかった、とされて全額返金となることもあります。

もっともコレくらいの調査ならホントに不正をしていないならどうってことはないのです。ムツカシイのはその担当の当局経由で来る会計検査院の調査でしょう。その内容は以下の通りです。

・設備等が適法に購入されているか
・労働者が条件どおりに働いているか
・既に雇用、あるいは以前雇用した者を、新規雇用としていないか

内容は助成金の種類によっても異なりますが、会計検査院はケッコウ突っ込んだ調査をします。それで不正が発覚すると、フツウの担当部局の調査より厳しくやられるものです。何しろ会計検査院は「役所を調査する役所」ですから。

ここ最近の助成金の大判振る舞いで、調査は飛躍的に増えるでしょう。なにとぞ要件をしっかりクリアしたきちんとした助成金の受給を心がけたいものです。
[PR]
# by sinrousya | 2009-05-12 05:00 | ★助成金小ばなし

派遣労働者雇用安定化特別奨励金

派遣労働者雇用安定化特別奨励金

有能な派遣労働者を自社で雇いたいと思う会社さんは多いのではないでしょうか。そういう状況にあれば半年後には申請できます。1人100万円という金額も魅力的です。ただし、この助成金の問題は別なところにあります。

派遣労働というのは派遣会社という第3者がかんでくるということです。私も務めたことがありますが、派遣会社というのは人材が商品です。それをおいそれとタダで渡してくれるかどうかですね。

紹介予定派遣に切り替えて、紹介料のためにこの助成金を申請されるという例も多くなりそうです。

この助成金はいち早く申請書類とその周辺書類が出ています。本書ではその記入例を余さず挙げております。
[PR]
# by sinrousya | 2009-05-11 05:00 | 2009年度扱い助成金