中小企業子育て支援助成金

子育て支援のトップバッターはこの助成金でしょう。

中小企業子育て支援助成金

「育児の100万円助成金」と脚光を浴びた助成金です。このたびの改正では、2人目以降の加算額が増額されました。コレにも時代の流れを感じます。

育児関連の助成金は最近結構件数が増えてきました。役所の担当者でも併給が分からないというスピードで次々と作られました。ただしあっという間に売り切れたという助成金は、この本には収録されていませんが、東京都の育児助成金くらいでしょう。

育児助成金の最大の問題は、
・子どもを産むような若い女性が会社にそもそもいるのか?
ということです。

せっかく助成金をもらうべく計画を立てたのに、そのヒトが退職してしまって、計画の中身がなくなってしまったという喜劇のような悲劇はケッコウあります。

女性に選ばれる職場、ひいては女性に長く務めてもらえるような職場こそ、助成金もそうですが、イイ利益を得られる会社といえるのではないでしょうか。
[PR]
# by sinrousya | 2009-05-03 05:05 | 2009年度扱い助成金

著者紹介:特定社会保険労務士 片桐 めぐみ

b0170650_18384442.gif
ジェイズ社労士事務所 代表。

日本大学法学部政治経済学科卒業。外資系信販会社、医療機関勤務を経て、社会保険労務士として開業。ES(従業員満足)や、上司と部下のコミュニケーションの相談等の体験を積む。

抜群の行動力で、労務顧問として企業の労務問題全般の相談に活躍している。

医療業界を中心に、多業種にわたる労働時間管理・手続業務等の労務管理、就業規則の作成・見直し、ハラスメント対策・相談を行うとともに、起業・育児休業に関連する助成金相談を多数受けている。

労働法・起業セミナー等で講師として講演、また、週間ダイヤモンドなどの雑誌や書籍等の執筆体験あり。

趣味は手話、サーフィン。将来的には聴覚障害者の職業カウンセリングも始動予定。

セクハラ・パワハラ・就業規則~会社と働く人の良い関係
セクハラ・パワハラ・就業規則breakdown ~社労士かたぎり
ボーダーレス本棚
メルマガ:そろそろ社会保険労務士の出番です。
[PR]
# by sinrousya | 2009-05-03 05:00 | 2009年著者プロフィール

コチョーキン(雇用調整助成金)の歴史

中小企業緊急雇用安定助成金(中安金)は去年12月にできた助成金ですが、そのモトになった雇用調整助成金(雇調金)は昭和50年にできた、わが国の雇用助成金の中では一番古いと思われる助成金です。その歴史をかいつまんで言うと「苦しいときの助っ人」です。

この助成金のいの一番の要件は
「事業活動の縮小があったこと。最近3か月に生産量などの指標が増加おらず、それを余儀なくされたこと(季節、事故、災害、法令違反を除く)」
というものです。

「季節、事故、災害、法令違反を除く」という注がついていますが、これが「特例措置」として認められる場合があるのです。具体的にはどういうことかというと、

・三宅島噴火(2000年)で、休業を余儀なくされた島内の企業
・SARS(2003年に流行した新型肺炎)での旅行業界
・中越地震(2004年)に地域で被害を受けた企業

災害だが特例として助成金の申請ができるよ、というものです。この特例、実は今回の不景気にもありました。この助成金の受給できる労働者は雇用保険に入っていることが前提ですが、

・雇用保険に加入していない6ヶ月以上、20時間以上働いている労働者

も「対象被保険者」として認められていました。この3月31日で停止になったようです。より多くの労働者を救済するという意味での特例措置だったでしょう。

コチョーキンの歴史はこの特例措置の連続といっても過言ではありません。新型インフルエンザの被害で事業縮小を余儀なくされる会社が出現したとして、特例措置が発動されました。

雇用調整助成金等における新型インフルエンザの発生及び感染拡大に伴う特例の創設について
[PR]
# by sinrousya | 2009-05-03 05:00 | ★助成金小ばなし

助成金の書類

今回の執筆は、単なる助成金のマニュアルではいけない、記載例を豊富にするというのがウリなのですが、新しい助成金ではそれが間に合わないものもありました。

役所に行ってもけんもほろろ。「上からまだ降りてこない」というのが相場です。それでも「支給申請が6ヵ月後なのでそこまで経たないとできてこないんですよ」と説明してくれる親切な担当者の方もいらっしゃいました。

手続のついででようやくもらってくると、もうHPにアップされているということが多いのです。しかも地方の担当局が優秀ですね。中小企業緊急雇用安定助成金栃木労働局派遣労働者雇用安定化特別奨励金静岡労働局が最初にアップしたようです。

深刻な経済状態に派遣労働者の問題は喫緊です。地方には感覚の早い真のパブリック・サーバントがいたのでしょう。

他の助成金では、不足資料をついでに届けに行っただけで、またカラの用紙をもらいに行っただけで「もう知っているよ」ということまで説明を延々と聞かされます。まだまだ役所に行っては時間と手間を無駄にする体質は残っていますね。

本書においては、カラの書類に記載例を書き、当局にぶつけて確認しています。申請書でも計画書でも、申請側が注意しなければならない要点は実は余り多くないのです。ほとんどが会社名や住所、資本金などで埋められ、重要なところはごく一部です。
[PR]
# by sinrousya | 2009-05-03 05:00 | ★助成金小ばなし

育児休業取得促進助成金

育児休業取得促進助成金

育児休業のときは、基本的にノーワーク・ノーペイです。しかし雇用保険の育児休業給付以外に何か出してあげようという社長さんに対して助成されるものです。

育休の補助はもとより、給料はそのままだが、育児があるから早引けさせようという時短にも助成金が出ます。

従って本書にはこの2種類あります。
1、育児休業取得促進措置
2、短時間勤務促進措置

出産・育児というのはどうしても休まなければなりません。しかし「子どもがカゼを引いた」と休んだり早退したりするのも、同じ職場の同僚にとってはヒンシュクです。この当然生まれる両方の感情をどう処理するか、テクニックではどうしようもありませんね。

やっぱり会社の絶対者である社長さんが「制度」として作るという感情の調整は必要ではないでしょうか。そういう調整の気持ちを出す1つの方法として、オススメしたい助成金です。
[PR]
# by sinrousya | 2009-05-02 05:05 | 2009年度扱い助成金