特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース、生涯現役コース)

特定求職者雇用開発助成金(特定就職困難者コース生涯現役コース被災者雇用開発コース

b0170650_00174432.jpg
これらの助成金は、昨年度はひとまとまりの「トッカイキン」として、ご紹介していましたが、特開金という名称は、このたびいろいろな性質の助成金を含めたモノになったために、○○コースの3つに限るよ、という注を付けたものです。

相変わらずの要件で、上画像のパンフも早々と出ましたが、障害者向けには変化がありました。就労継続支援A型事業という障害者の方のための就労形態があるのですが、これが、助成金を利用するのは、異様に厳しいところがあったのです。

そのための要件緩和でしたが、離職率要件とも相まって、使いやすくなったかどうか?障害者の方の就職に資するものになったかどうか?景気のいいうちはイイですが、今後景気が悪くなると、助成金がもらえるかどうかは喫緊の課題になってくるでしょうね。
b0170650_00245394.jpg

[PR]
# by sinrousya | 2017-10-13 05:00 | 2017年度扱い助成金

トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)

b0170650_18421624.jpg
トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)

額は少ないが、最も落とし穴が少なく、期間を経ずしてすぐ出る助成金でしょう。今回もレギュラーな助成金として紹介させていただきます。名称が変わった以外はそれほど変化はないのですが、その分類において、その“システム”が建設・障害、また正社員化や教育に至るまで関連してくるという意味で大きな影響があるのです。

そのシステムとは、要件に合う人を雇用して3か月で助成金がもらえる、というものが、他の助成金の1階部分に充てられるというものです。2階、3階部分には、トライアルという名の付くモノ以外にも、キャリアアップ助成金や、人開金など、多くの助成金が設定できる可能性があるのです。

本書ではキモになる書式は全て載せ、なるべくシンプルに申請過程を記しました。

[PR]
# by sinrousya | 2017-10-12 05:00 | 2017年度扱い助成金

雇用調整助成金

雇用調整助成金

b0170650_18573768.jpg

この書が出て以来、レギュラーの座を持っている助成金です。初めての判が出た際はこの助成金が主でした。ただなぜここで取り上げるのかというと、昨年の熊本地震の時のように、一朝コトあらば大活躍する助成金だからですね。それがあればすぐに参照できるようにと、残してあるのです。

現在はむしろ不正摘発の方がニュースになっていますが、この助成金でリーマン・ショックや東日本大震災の際に救われたという企業は多いのです。

この助成金は休業した時の補償が主な内容ですが、教育訓練や出向なども助成金の対象になるのです。いずれも40年以上前の価値観で作られたものですが、使わない手はないでしょう。教育訓練はOJTでもダメ、OFF-JTであまりにも職務と密着し過ぎたのはダメ、遠すぎるのもダメ、あるいは、出向は同族・同グループ内はダメ、というのもあります。

それらが災害や経済ショックなどが起きると、緊急緩和されるというところも、一朝コトあらば見逃せないところです。本書では記載例などは少なくなりましたが、必要最小限で全体像をつかみやすく書いています。

なお、P257表の下2行目、7,805円は、8,205円(平成29年8月1日現在)に訂正です。
=============================================

[PR]
# by sinrousya | 2017-10-12 05:00 | 2017年度扱い助成金

特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)

特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)

b0170650_01025437.jpg

今年度から、特開金の仲間に入れられた助成金です。採用するときの助成金という点で、今年度新設の違うジャンルの助成金、労働移動支援助成金 中途採用拡大コースと仕組みが似ています。かたや第2新卒向け、こなた中高年用になっています。ただこの“三年以内”助成金は、求人がポイントになっています。“労働移動”の方は、雇用管理制度がポイントです。

去年は、久々の“採用”に関する助成金だからもっと出るだろうと思っていたのですが、あまり知られなかったのと、求人基準のあいまいさで出なかったのです。ですから「これまで既卒を雇ったことがない会社」から、「これまで既卒者等を新卒枠で雇入れたことがないこと」と、求人の要件がシンプルになり、しかし支給は2人3人と出ていたのが、1人限りになりました。当局の“薄く広く”という助成金の方針がここでも出ていますね。

労働移動の方は、「これまで中高年を雇ったことがない会社」を要件にしているものもあり、こちらもやや門戸の狭い感じのものになっているところも共通しています。

[PR]
# by sinrousya | 2017-10-11 06:00 | 2017年度扱い助成金

求職者支援制度(認定職業訓練実施奨励金)

求職者支援制度(認定職業訓練実施奨励金)
b0170650_00364688.jpg
3か月に一度変わるような頻度で改正情報が載ります。本質は変わっていないのです。ただ介護や看護、建設などの人材不足の業界のコースが矢継ぎ早に設けられて、書類の小改正もあったりします。ただ今や実質的に“委託型”助成金の唯一のものとして存在しますので、この書に載せないわけにはいきません。

基本は広々としたスペースで、講師を確保し、それなりのカリキュラムを作成すれば“職業訓練校”の委託費として助成金が受けられるというものです。しかし手続きの書類はおびただしいものがあります。ですから次の年度もその次の年度も、続けたいところです。そのためには“出席や就職率”が重要になってくるのです。そのためにハローワーク等で資格予備校の方が暑い日も寒い日もビラを配っていますよね。

本書は9月1日の最新情報ですが、早くも9月19日に30年度早々の改正情報が載りました。看護師が訓練対象に加わったのですね。医療の現場の人材不足は喫緊の課題です。


[PR]
# by sinrousya | 2017-10-11 05:00 | 2017年度扱い助成金