職場意識改善助成金(テレワークコース)

b0170650_07432094.jpg
職場意識改善助成金(テレワークコース)

政府の施策のストライクゾーンを行く助成金です。働き方改革は、残業をなくす=労働者の負担を減らす=通勤その他の満員電車、オフィス過密を減らす、といった施策のうちの1つです。

この助成金はテレワークセンターというところが、厚労省から委託を受けて取り扱っていますが、企業に来ての説明も親切で、相談にも乗ってくれます。障害者の方にも朗報ですね。

ただ今回、残業・有休要件が加わったのは、キツかったですね。社長さんはテレワークを入れることで結構設備投資を入れ、ぞれで人件費の削減を狙うという方が多いのです。残業を減らし、有給取得を増やすとなると、その分仕事が減って、またヒトを入れなくてはならなくなる、という風になる場合もあるのです。

それをクリアするには、生産性の向上に本気で取り組む必要があります。そして短い時間でこれまでのような成果を上げる必要があるのです。いろいろ成果は上がったものの、助成金もらえない、あるいは、助成金はもらったが、手間暇の費用効果に合わない、という今年度(からの)助成金の傾向に沿っている助成金の1つかと思います。

職場意識改善助成金のうち、この助成金だけテレワークセンターに委託しているというのも、単におカネをもらって制度を入れる、というには、やや負担が重いからかもしれませんね。言ってみれば労務管理の遠隔操作ですから、IOTなどの最新の技術なども関与できるからです。

本書では、変わった点も余さず、書式例と合わせて手順が分かるよう記載しています。

[PR]
# by sinrousya | 2017-10-15 06:00 | 2017年度扱い助成金

両立支援等助成金(出生時両立支援コース)

b0170650_07432409.jpg
両立支援等助成金・出生時両立支援コース

男性労働者向けの育児助成金です。けっこう申請自体はカンタンです。要件も、中小企業で土日曜日+3日与えれば、あとは生まれて57日以内の子どもがいるかどうかで、比較的寛容です。また1人で何回も取れます。この助成金、というか、この助成金の対象の男性育児休業制度が進まない理由は以下の通りです。

・休みたがるヤツが増える。
・生まれて57日以内より、それ以降の方がダンナに手伝ってもらいたい。

後者はともかく、前者はそれこそ働き方改革で、意識を変えないとムリでしょう。育児休業=なんかラクをすることという、ステレオタイプを是正する必要があるのです。

本書では重要な要件をピックアップして記載し、書式・規程例も網羅しています。

[PR]
# by sinrousya | 2017-10-15 05:00 | 2017年度扱い助成金

65歳超雇用推進助成金 65歳超継続雇用促進コース

b0170650_13222996.jpg
65歳を超える定年を設定した際の助成金です。20年近くの歴史になる助成金で、継続雇用定着促進助成金⇒定年引上げ等奨励金と、発展してきました。世の中「きちんと働いてもらえれば何歳でも構わない」という会社さんは意外に多く、需要もあるのです。

しかしこの助成金になってから、「後出しじゃんけん」のような形で後からあれが足りない、これが足りないと言われて規程のみ作って助成金は降りないということがあるようです。その原因は以下の通りです。

・「高年齢雇用確保措置」をしていなかった、もしくは文言に足りないところがあった。
・過去に高年齢者雇用安定法を守ってきたか?過去の就業規則総動員でチェックされる。

要は法律通りやってきたか、文書の2次元だけでなく、時空の3次元までチェックしようというのですから、時間もかかるし、マニュアルに載ってないようなことまでヤラれるのです。本書ではそのようなところも、載せて注意してあります。


[PR]
# by sinrousya | 2017-10-14 05:00 | 2017年度扱い助成金

両立支援等助成金 育児休業等支援コース

b0170650_13223896.jpg
育児の助成金も歴史は古いのですが、規程を作って対象者が1人出れば受給可能というものが長く続いたのです。「育児の100万円助成金」というものもありました。

しかしそれでは妊娠して会社を追われる、育児している方の継続就業は困難、という悲劇を少なくすることはできなかったのです。そこでできた"システム"を組み込んだのがこの助成金です。

「育休復帰支援プラン」を作る上で無料で専門家の支援も受けられ、しかし目まぐるしい規程の改善もクリアしなければならないというものです。ただ65歳超の助成金とは違い、出させようというものなので、長い時間掛けて整えればまずもらえるものです。

今年度は、育休した方の穴をどう埋めるかで選択肢ができました。

・職場支援加算(穴をすでにいる従業員の方のチカラで埋める)
・代替要員確保時(新規にヒトを連れてきて埋める)

もちろん負担の増える方が残業は増えてはいけないとか、賃金もべーズアップするなど要件はあるのですが、育休のみならず「ヒトの穴を埋める」全般について考える機会になるのがこの助成金のいいところです。

本書ではその要件と、独特な書式例も織り交ぜてコンパクトに解説しています。

[PR]
# by sinrousya | 2017-10-14 05:00 | 2017年度扱い助成金

労働移動支援助成金(再就職支援コース)

b0170650_23521872.gif
労働移動支援助成金(再就職支援コース)

去年隠れて話題になった助成金。時の政権がどんどん押し進め、緩和に拡大を続けてきました。それが去年、この助成金を利用してリストラを強引にやってしまい、気の毒な対象者が労基署に駆け込んだことから誤った使い方がやり玉に挙がって、話題になりました。

現在は好景気で、リストラなど無縁のように思われるのですが、不況産業から発展産業への労働移動については、政府が推奨しているところです。

本書では波動のあったこの助成金について、使用法を具体的に掘り下げて解説しています。

[PR]
# by sinrousya | 2017-10-13 05:00 | 2017年度扱い助成金