カテゴリ:2009年度コンテンツ( 4 )

5月20日発売 助成金書籍の決定版です!

新都心SRネットワークでは、企業経営者の皆様のお役に立てますよう、このたび「すぐにもらえる!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル」を日本法令様から出版させていただくこととなりました。

 昨年秋からの景気後退を受けて自動車産業を始め多くの製造業において受注激減の傾向が続いています。影響は製造業に止まらず、ほぼ全ての産業に及んでいます。

しかし、貴重な人材こそが企業の宝であり、ワークシェアリングや生産調整を行ってでも社員の雇用を維持しようと悩んでいらっしゃることと存じます。まさにこれから正社員の雇用維持が経営の大きな課題となってくるのではないでしょうか。

 厚生労働省においても以上の危機感から、従来の雇用調整助成金の受給要件を大幅に緩和して平成20年12月から「中小企業緊急雇用安定助成金」をスタートさせました。

 本書では、その他企業経営に有意義な各種助成金について、わかりやすく解説し、手続に関する詳細な情報のご提供をいたします。

新都心SRネットワーク
[PR]
by sinrousya | 2009-05-18 05:30 | 2009年度コンテンツ

「はじめに」の特徴

本書はいきなりの助成金の羅列から始まるのではありません。助成金はどういうものか、どんな助成金のニーズがあるのか、そういうところから始まっています。

具体的には
◎「助成金アンケート」を取る⇒・その答えにリンクして可能性のある助成金が出てくる

という「社労士がよくやる」形式で入っていきます。
実務家であれば、たちまち助成金コンサルのツールを整えることができるというモノです。

そこに最新の法改正や助成金が入ってきて、本書で取り上げる22種類以外の助成金にも解説を加えるという構成になっています。
[PR]
by sinrousya | 2009-05-17 05:00 | 2009年度コンテンツ

書籍の構成(助成金関連目次)

本書ではヒトの雇用に関わる助成金を取り扱います。その中でも、受給しやすいもの、より取扱が多いものを選んで、以下の22種類ほどにまとめました。各助成金をクリックしていただければ、それぞれの解説に飛びます。

雇用安定のための助成金
1 中小企業緊急雇用安定助成金
(雇用調整助成金・残業削減雇用維持奨励金)

2 労働移動支援助成金(離職者住居支援給付金)

正社員化のための助成金
3 特定就職困難者雇用開発助成金
4 試行雇用奨励金
5 若年者等正規雇用特別奨励金
6 中小企業雇用安定化奨励金
7 中小企業短時間労働者均衡待遇推進等助成金
8 派遣労働者雇用安定化特別奨励金

高年齢者のための助成金
9 高年齢者雇用開発特別奨励金
10 定年引上げ等奨励金

障害者のための助成金
11 障害者雇用初回雇用奨励金(障害者雇用ファーストステップ奨励金)
12 特例子会社等創立促進助成金

教育訓練のための助成金
13 キャリア形成助成金

育児関連の助成金
14 中小企業子育て支援助成金
15、16 育児休業取得促進助成金
17 両立支援レベルアップ助成金 代替要員確保コース
18 両立支援レベルアップ助成金 子育て期短時間勤務支援コース

介護業界のための助成金
19 介護労働者設備等整備モデル奨励金
20 介護未経験者確保等助成金
21 介護基盤人材確保等助成金
22 介護雇用管理制度等導入奨励金

主として起業のための助成金
23 中小企業基盤人材確保助成金

さまざまなカテゴリに分かれますが、「扱いやすいもの、新しいもの」に絞って選んでいます。これは扱ったことがある、あるいはこれははやりそうだ、これは新しい、という観点からの、新都心SRネットワークの面々の知恵と経験の選択です。
[PR]
by sinrousya | 2009-04-28 05:00 | 2009年度コンテンツ

助成金の税務

この分野は、助成金の列挙とは別に、社労士関連著書の大重鎮、木全先生のご担当です。

ここの内容はさっそく今一番話題になっている中安金(中小企業緊急雇用安定助成金)の税務処理から始まるQ&Aです。

税務といっても、さすが特定社労士でもある木全先生のこと、税務の専門家でない社労士向けに最低限押さえなくてはならないトコロを挙げています。

例えば、
・助成金はいつの時点で計上するか?   ・消費税の処理はどうするか?
・どういう課税がどの助成金にされるか? ・圧縮記帳はどうするか?

等のことが書いてあります。特に圧縮記帳などは、会計処理の仕訳をどう起こすかまで説明してあり、こういう風にやったら良いのか!と合点する内容でした。

税務は助成金列挙の本書に、一光彩を散りばめ、新鮮なイメージを与えています。
[PR]
by sinrousya | 2009-04-27 05:00 | 2009年度コンテンツ