「ほっ」と。キャンペーン

各助成金に共通の判断基準

b0170650_18493108.jpg
中小企業の基準や、認定マーク、さらに生産性要件など、多くの雇用関係助成金に共通する論点を集めてみました。こうしてみると、助成金+アルファでクリアすると、金額が増えますよ、認定が受けられて、「優良な会社」をアピールできますよ、というものが多くなってきているのです。以前私のブログに書いたことがあります。

雇用関係助成金“割り増し”列伝

これらの一部、多くの助成金に共通するものを載せました。他のツールも助成金ごとに載せています。今は「助成金のおまけ」の扱いですが、今後生産性にしても、女性の活躍にしても、また定着率にしても、今後助成金によっては「要件」(絶対必要な措置)にまで成長する可能性があります。おまけといっても、認定マークなどは助成金以上に効果を発揮する場合もあり、コンサルツールとしては、企業の差別化に有効なのです。

助成金に共通の書類もそうですが、雇用関係の助成金は「いい会社」づくりのためのお墨付きをもらうと考えてもいいのです。むしろもらうおカネ自体より、そのお墨付きが採用や従業員の質の向上、生産性の向上につながると、考える時代が来ていますね。

[PR]
by sinrousya | 2017-01-19 05:00 | ★横断・小ばなし2016


<< 教育関連の助成金の横断 6訂版、見本届きました! >>