特定求職者雇用開発助成金

けっこう扱うことの多い助成金です。4コースで構成されています。

 高年齢者雇用開発特別奨励金 : 65歳以上の方の雇入れ。
 特定就職困難者雇用開発助成金 : 主に高齢・父子・母子家庭の方を雇入れ。
 生活保護受給者等雇用開発コース : 当局の連携により紹介された生活保護受給者雇用。
 被災者雇用開発助成金 : 東日本大震災の被災者の雇用。

使い分けは被災者や生活保護者、障害者の方以外は、高齢者も年齢で使い分け、また母子父子家庭の方の雇用が多いです。

スタートはとにかくハローワークの求人の際、その旨を伝えることです。来年からは様々な助成金を加えて、8~9コースを従えた“大”特開金になるかと思います。しかしそれほど内容は今年度と変わらないでしょう。離職率や民間の職業紹介事業者の活躍などもそのままかと思います
b0170650_19511012.jpg


[PR]
by sinrousya | 2017-01-13 05:00 | 2016年度扱い助成金


<< 高年齢者雇用安定助成金 労働移動支援助成金(再就職支援... >>