3年以内既卒者等採用定着奨励金

b0170650_20394553.jpg
この手の採用関連の助成金では珍しく、ハロワ経由でなくてもよく、定着率を見られるものです。2月にできたものですが、ようやく書式が整ってきました。本書ではその書式を網羅して載せています。重要なのは以下の2点です。

・計画が要らない。労働局に「こういう募集を出しました」と出すことは可能。
・1年定着後に初めて書類を出す。支給申請と同時に、こういう求人を出しました、と出すことが可能。

採用の助成金は、採用して助成金をもらうのはイイのですが、その後の定着が課題で、採用をとっかえひっかえして、政策効果が上がらない欠点がありました。しかしこの助成金は定着が要件で、息が長い3年計画です。生産性要件と共に、人材の定着努力を並行して行えば、より大きい助成金をもらえるという効果も期待できます。

本書では特に、受給までの流れを強調し、申請書類の書式例をなるべく多く載せています。

●法改正追補=2017.5.1============================
特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)

P207 一番上、題名を以下のように修正

三年以内既卒者等採用定着奨励金
⇒特定求職者雇用開発助成金(三年以内既卒者等採用定着コース)

P207 一番下、受給額の表の内容を以下のように修正

・「1人目」の段
⇒「1人目」という文言のみ、削除

・「2人目」の段すべて
⇒削除

P208 6・7行目、12・13行目、以下の文章を置き換え

② 当該求人の申込みまたは募集前3年度間において、既卒者等が応募可能な新卒求人の申込みまたは募集を行っていないこと
② 当該求人の申込みまたは募集前3年度間において、高校中退者が応募可能な高卒求人の申込みまたは募集を行っていないこと
⇒② これまで既卒者等を新卒枠で雇い入れたことがないこと ② これまで高校中退者を高卒枠で雇い入れたことがないこと

P211 下から5行目以降、以下の文章を追加

⇒・支給申請書
・対象労働者の支給対象期中の出勤状況が確認できる書類(出勤簿等)
・対象労働者に対して支給対象期中に支払われるべき賃金について支払ったことが確認できる書類(賃金台帳等)その他助成金の要件を確認するために必要となる書類

[PR]
by sinrousya | 2017-01-10 05:01 | 2016年度扱い助成金


<< トライアル雇用奨励金 求職者支援訓練 >>