助成金とジョブ・カード

b0170650_19454070.jpg
雇用関係助成金が、教育や研修対象のモノへと舵を切って以来、ジョブ・カードと助成金は切っても切れないものになりました。中でも重要なのは、「その会社に合った評価シートの選び方」です。

何しろ4種類だったのが3種類になったけれども、実態は変わってない、というところを表現するのが面倒ですが、実態として使うのは3ー3ー1ー2、もしくは3-3-1-1なのです。そこは何も難しくありません。

では評価シートをどのように選ぶのか、そこは「コード」付きの評価項目を地道に選ぶしかありません。厚生労働省のジョブ・カードのページその他に、ちょうどいい業種がある場合もありますが、原則として全社員にどのような評価をして、どのようなコンサルを行うのか、助成金の計画時に決める必要があるのです。

本書では、そんなジョブ・カードを扱う助成金と、その選ぶ上の実務的な注意点を、出来得る限り記しました。

[PR]
by sinrousya | 2017-01-18 05:01 | ★横断・小ばなし2016


<< 6訂版、見本届きました! 建設労働者確保育成助成金 >>