23、各雇用関係助成金に共通の要件

「各雇用関係助成金に共通の要件」というのは、2つあります。

1、中小企業か否か

雇用関係助成金は雇用関係の福利に出るものですが、一般的に中小企業用なのです。つい一昨年度、その基準が統一されましたが、まだ例外も残っています。

最近は大企業でも受けられるものが増えましたが、中小企業が優遇される傾向は変わりません。基準を満たせば、もらえる助成金が増えたり、額が上がったりします。

2、支給要件確認申立書

特に解雇や法令違反、さらに暴力団と関係がないかどうかを確認する書面です。たいていの助成金には、事業主の印が必要なこの書類を添付します。

雇用関係の助成金は、何もおカネだけではないのです。これらの法令や道徳を守ってナンボの支給だということを肝に銘じたいものです。本書では個々の助成金をなるべくまとめ、イレギュラーな部分、記載例も載せました。

●法改正追補=2016.4.1=========================
28年度助成金の法改正

P563 上から6~9行目 以下の文章を削除

(4)キャリアアップ助成金(多様な正社員コースの場合)~300人を超えない事業主を言います。
⇒削除

P552 下から7行目 以下の語句を修正

企業内人材育成推進助成金(個別企業助成コース)
⇒キャリア形成促進助成金(制度導入コース)

[PR]
by sinrousya | 2015-08-15 05:00 | ★横断・小ばなし2015


<< 24、東日本大震災の特例 22、助成金とジョブ・カード >>