13、職場意識改善助成金(職場環境改善コース)

職場意識改善助成金(職場環境改善コース)

いわゆる、設備投資・規程作成で“時短・有給の目標”を達成した場合の助成金です。デジタコや指紋認証システムなどの時間管理システム、さらに就業規則作成などにもおります。

3つになった職場意識改善助成金のうち、昔からあるものです。1企業につき、3つのうち1つを選ばなくてはなりません。その中では最優先に考えるものです。今年度の改正点は以下の通りです。

・限度額が増えた
・就業規則などの作成については目標のハードルが低かったが、設備投資と同じになった。

プラスマイナスゼロの感じですが、基本は「休みを増やして残業を減らそうよ」という趣旨です。ですから慢性的な長時間労働が多い業種などは、簡単に目標を達成できる可能性があります。

また、今話題のマイナンバー制度の対策とも、設備投資にかかる機器が共通しているのです。助成金を追いつつ、一挙両得ということも可能でしょう。

本書では新しくなった書式例とともに、この助成金の設備投資対象物や、受給後の調査も含めた一連の流れにも言及しています。

●法改正追補=2016.4.1=========================
職場意識改善助成金( 職場環境改善コース)の改正

P366 一番下 以下の文章を挿入

労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新の取組の場合は、成果目標を両方達成して、補助率3/4 上限額100万円です。どちらかでも未達成の場合は0になります。


[PR]
by sinrousya | 2015-08-09 05:00 | 2015年度扱い助成金


<< 14、職場意識改善助成金(テレ... 12、ポジティブ・アクション加... >>