教育関係助成金の併給

今年たくさんできた教育関連の助成金。本書では正社員、非正社員、未経験と分かれていますが、そういう区分でなくても、違う助成金を2つ受けることは可能なのでしょうか?

場合により可能です。それには原則、以下のコトを守っていただくことになります。

・同じ社員に2つはダメ(同じ社員だが、非正規の時1つ、正規で1つというのはイイ)
・同じ時期に2つはダメ(重ならない違う社員に1つ受けさせ、別の社員に同時に1つ、というのはイイ)

この原則を守っていただいた上で、さらに以下のコトで確認します。

・助成金の計画書や申請書のウラに書いてある「併給調整」の項を読んで確かめる。
・最終的には労働局に聞いて相談してイケるならOKです。

本書で扱う助成金は、お上の方針では薄く広くあげようよ、というコトになっています。悪くいえばバラマキですが、大勢の人に利益を分配しようという考えです。同業で併給で2重でもらう意図はなかったのに、それを申告せずに知らないうちに罰則に問われた例もあります。

本書でも、助成金ごとに触れていますし、便利な表もあります。併給は上記のように4段階で、念には念を入れて確かめましょう。

[PR]
by sinrousya | 2013-12-13 05:00 | ★助成金小ばなし2013


<< 17、中小企業労働環境向上助成金 教育関係助成金の選び方 >>