17、中小企業労働環境向上助成金

中小企業労働環境向上助成金

今年の助成金で、何気なくブーム、といった助成金です。前身は「介護労働環境向上助成金」で、介護事業所しか使えなかったのですが、重点分野の一般企業でも使えるようにしました。

団体助成と、個別中小企業助成があって、後者が使いやすく、その個別中小企業助成には介護福祉機器の導入と、人事制度等の導入があって、後者が、重点分野の企業でも受けられるものがあり、使える会社の範囲が広いという構造です。

中小企業労働環境向上助成金 人事制度のツボ

この助成金の1コース、「人事制度等の導入」コースは、その多数新設されて消えていった教育の助成金とは違うのですが、次のようなメリットがあります。

・介護事業所以外にも、「重点分野」(成長分野)の会社でも受けられる助成金がある。
・教育の助成金も何気にある。新入社員から管理職までできる幅広いカリキュラム。
・評価制度等は、お給料さえ上がればたいていのモノが受け入れ可能。
・健康診断(介護事業所のみ)は、この冬流行りのインフルエンザの接種なども可。
・メンヘル教育(介護事業所のみ)は、成果が出なくても実施のみで受給可。

30~40万円の定額制なので、人数によっては赤字が出そうな助成金です。ですからなかなか他の助成金に目移りしそうなのですが、他の助成金が募集停止になって、注目を集めています。本書では、申請書の記載例などとと共に、評価制度導入の規則例など、突っ込んだ書面についても入れています。

●法改正追補=2014.4.1=========================
中小企業労働環境向上助成金 拡充
健康づくり制度は介護事業所のみならず、重点分野でも受けられるようになります。

P419 9行目 健康づくり制度 30万円の行をコピーする。
⇒ 4行目 研修体系制度 30万円の下に貼り付け。

P422 13行目以降に以下の内容を貼り付け。

⇒健康づくり制度の導入 
○ 人間ドック
○ 生活習慣病予防検診
○ 腰痛健康診断
○ メンタルヘルス相談
(メンタルヘルスに係る専門家(医師、臨床心理士等)による事業所担当者向け相談、労働者向け相談。なお、相談は原則対面方式によるものとし、電話又は電子メールのみによる相談、匿名での相談は除く。)

P424 13行目以降 (3)健康づくり制度の導入 以下9行を以下のように改める。
⇒○ 人間ドック
○ 生活習慣病予防検診
○ 腰痛健康診断
○ メンタルヘルス相談
(メンタルヘルスに係る専門家(医師、臨床心理士等)による事業所担当者向け相談、労働者向け相談。なお、相談は原則対面方式によるものとし、電話又は電子メールのみによる相談、匿名での相談は除く。)


[PR]
by sinrousya | 2013-12-13 06:00 | 2013年度扱い助成金


<< 教育関係助成金、カリキュラムの難易度 教育関係助成金の併給 >>