15、障害者雇用ファーストステップ奨励金

障害者雇用ファーストステップ奨励金

「育児の100万円助成金」と並んで、「障害者雇用の100万円助成金」として誕生しました。雇用の単価としては最大の助成金です。育児の方とは裏腹に、このたび額が120万円に増えました。ハローワークから雇うコト以外のポイントは、以下の通りです。

・1人目の雇い入れから3か月以内に法定雇用率の達成を求められる。50人以上100人未満は1人。
・就労継続支援A型の事業を実施している事業主以外の事業主であること。

就労継続支援A型とは、障がい者自立支援法に基づく就労継続支援のための施設で・・・
A型は障がい者と雇用契約を結び、最低賃金を保障するしくみの“雇用型”です。B型は非雇用型です。そのA型の事業所以外は受けることができます。

障害者の助成金はこの他にも多々あります。しかしこの助成金は障害者の要件が比較的緩く、しかも額が大きいのです。

また、個々の対象労働者(障害者)の雇入れについては、「特定就職困難者雇用開発助成金」によって同時に助成を受けることが可能です。本書では、書式例をなるべく多く掲載し、障害者雇用に積極的にトライする企業に対するヒントを提供しています。

●法改正追補=2014.4.1=========================
(4)障害者初回雇用奨励金の見直し

P403 14行目 「ハローワークまたは地方運輸局(船員として雇い入れられる場合)」を以下のように訂正
⇒ 「ハローワークまたは地方運輸局(船員として雇い入れられる場合)または、民間職業紹介事業者等」

[PR]
by sinrousya | 2013-12-11 05:00 | 2013年度扱い助成金


<< やらぬに越したことはない助成金 14、受動喫煙防止対策助成金 >>