この夏なくなった助成金


この平成25年の年初めから、年度替わりにかけて、教育の助成金が多々創設されました。しかし、それらの助成金は、使い勝手のイイものもあり、年度途中の初夏から、予算切れになるものも現れました。

まず6月21日に東京では若者チャレンジ奨励金が募集停止になりました。沖縄や大阪ではもっと早かったのです。私の大阪での助成金セミナー中に「大阪で募集停止!」というニュースが入り、驚いたのを思い出します。その後8月には「補欠」(計画を取り下げた事業所の穴を埋めるポスト)も一杯になりました。

しかし一層深刻だったのは日本再生人財育成支援事業です。平成25年1月にできた助成金でしたが、半年で6つの助成金が一度に停止になりました。正規非正規から、海外やリストラ、被災地に至るまで面倒を見る助成金だっただけに、手続中で詫びを入れたお客様もありました。

☆ 非正規雇用労働者育成支援奨励金:契約・派遣社員の教育をした場合、支給されます。
☆ 正規雇用労働者育成支援奨励金:正規の従業員の方に教育をした場合、支給されます。
☆ 被災地復興建設労働者育成支援奨励金:被災地の重機の免許取得の費用を支給します。
☆ 海外進出支援奨励金:海外への留学・出向に要した費用を支給します。
☆ 人材育成型労働移動支援奨励金 (出向コース):出向の対象者を、教育した場合の助成金です。
☆ 人材育成型労働移動支援奨励金(再就職コース):事業主都合の離職者を、教育した場合の助成金です。

他に、震災関連人材育成支援奨励金(この春なくなった成長分野人材育成支援奨励金の震災版)も同日に停止になりました。

若者チャレンジ奨励金は、都道府県単位だったのですが、日本再生は全国規模でした。本書の執筆でも、何十ページがボツになりました。

かつて、現在のキャリアアップ助成金の前身で、パートタイム助成金というのがありましたが、それが4月の法改正で使いやすくなって、7月で売り切れたというコトがありました。ただし今回はより大規模で、打撃が大きかったのです。

もし使いたい助成金がある場合は、早めに決断し、素早く使うようにしましょう。本書ではこれらの助成金の“代替”助成金も、ところどころにご提案しています。

[PR]
by sinrousya | 2013-12-09 05:00 | ★助成金小ばなし2013


<< 12、両立支援助成金 子育て期... 4訂版、表紙デザイン決定!アマ... >>