OJTとOFF-JT

OJTとOFF-JTは、社内教育の双璧ですが、どちらで助成金がもらえるのかは、興味深いところです。大ざっぱに以下の通りです。

キャリア形成促進助成金・・・OFF-JT、一部OJT
キャリアアップ助成金(人材育成コース)・・・両方並立要
トライアル雇用奨励金・・・原則OJT
雇用調整助成金・・・OFF-JT
若者チャレンジ奨励金・・・両方並立要
求職者支援訓練・・・OFF-JT、実習も可能
求人セット型訓練・・・OJT

なかなかややこしいのですが、原則として当局の望む助成金向けの研修とは・・・

OJT・・・ワンツーマンで、経験ある先輩社員が新入社員に教える。
OFF-JT・・・教室で講師が職業の専門分野について、学校のような集団教室で教える。

というものです。ですから、先輩含め社員の少ない会社、もしくは広い会議室のようなスペースのない会社は、やや不利ということができます。仕事場の一部を囲い込んで、というのは、パーテーションにドアを付けるとか、密閉しろとか、他の事業所を通らないにしろとか、なかなかうるさいのです。

転じて教えられる社員が多く、また、広いスペースを持つような会社になりなさいよ、と当局は言っているということかも知れません。本書では、各助成金に要件を記すほかに、教育助成金の横断で、表にしてまとめてあります。
[PR]
by sinrousya | 2013-12-05 05:30 | ★助成金小ばなし2013


<< 助成金セミナーのやり方 9、高年齢者雇用開発特別奨励金 >>