3、若者チャレンジ奨励金

若者チャレンジ奨励金

都道府県単位でこの春一世を風靡しましたねえ。この春の教育助成金ブームの象徴です。おカネが年度を待たずなくなり、今は東京や大阪では募集停止、千葉県では一部キャンセル待ちが復活と、なくなりそうでなくならない助成金です。

「ワカチャレ」と言われ、ハロワはおろか、商工会議所にまで行ったのが、ついこないだのことです。何という巧妙な仕組みか、考えたヤツは誰だ?と感心されたものでした。

そのメリットは・・・
○3か月以上の訓練で1人1月あたり15万円出る
○その後正社員になって2年残れば100万円出る

受給額が魅力的です。フツーの教育の助成金は計画を出して教育にかかって、申請を出して、おカネを手にするまでにかれこれ1年ぐらいはかかるのに、最低3か月の訓練で申請できるのは魅力です。

ムツカシイのは年齢要件だけとあって、相当量申請した社労士の先生もいたようです。4月ごろは社労士の入っている事業所によく調査が入っていたようですが。

しかもその新機軸は・・・
○ジョブ・カードを用いて、ハロワ経由でなくても人材を連れて来られるようになった。
○カリキュラムも、そんなに難解なモノを造らなくても、フォームも示されている。

というところで、他の教育助成金に比べると簡単です。本書の発刊現在もまだ申請できる地域もありますが、この助成金の感心された“しくみ”は、来年度も何らかの形で再興することを期待したいものです。本書では独自のカリキュラム始め、支給申請書のフォームなども、記載例を網羅しています。

●法改正追補=2014.3.31=========================
若者チャレンジ奨励金は平成25年度末までの時限措置

P149~169 削除

[PR]
by sinrousya | 2013-11-30 04:40 | 2013年度扱い助成金


<< 4訂版 コンテンツ 2、キャリアアップ助成金 >>