定年引上げ等奨励金

定年引上げ等奨励金

一世を風靡した継続雇用定着促進助成金の、子孫です。その名に恥じず、高年齢者対策の助成金ではまだ一押しです。

今年度の改正で、実質的な65歳定年制を導入することがますます推奨される改正がなされました。さらにハードルが高くなった印象を受けます。

去年もそうですし、今年も同じような質問を受けるのですが、この助成金は過去に継続雇用定着促進助成金を受けていても、受けることが可能です。ただし、65歳までの継続雇用、又は定年を定めている会社は、70歳以上まで雇い入れる規程を作る覚悟が必要です。

しかし世の中は私の想像するより進化が早く、少子化の今日、ちゃんと働いてくれるヒトなら何歳でもウチは大歓迎、という会社さんも増えているようです。

●法改正追補=2012.4.1=============================
定年引上げ等奨励金の厳格化と緩和
平成24 年4月1日から高齢者助成金の取扱いが一部改正されました。 

p225 下表 
②と③を併合 以下のように訂正
⇒「②定年の引き上げ(70歳以上)、定年の定めの廃止又は希望者全員を対象とする70歳以上までの継続雇用制度の導入」

金額を上から順に 40 80 120 と訂正

④と⑤を併合 以下のように訂正
⇒「③希望者全員を対象とする65歳以上70歳未満までの継続雇用制度の導入と同時に労使協定等に基づく基準該当者を対象とする70歳以上までの継続雇用制度の導入」

金額を上から順に 20(これはそのまま) 40 60 と訂正

P230 7行目
「制度導入から6ヶ月経過後に支給申請」⇒以下のように訂正
「支給申請」

P230 8行目
「6ヶ月を経過した日から」⇒削除
[PR]
by sinrousya | 2011-06-06 23:02 | 2011年度扱い助成金


<< 2011年度、助成金3大トピック 高年齢者雇用開発特別奨励金 >>