本日、見本が届きました!

b0170650_20425214.jpg
画像の通り、8月12日午前、見本が届きました!

まずはペラペラッとめくってみます。ここは大丈夫かな?というところをチェックしました。どうやら大丈夫です。当たり前ですが、内容は最新の情報で固めて、尚且つ体裁は分かり易いことを心がけました。

日本法令様の編集力により見出し等も大きくしていただきました。今年の見やすさは去年より倍増していると思います。表紙は去年より心なしか、著者の名前の字が大きくなったような気がします。

12冊届いたので、応接のテーブルに並べてみました。赤い文字だと何か、テーブルに情熱的な(笑)感じが広がるようです。ページ数は529ページ。去年の567ページより若干減りましたが、助成金の数は2つ増えました。6つ増えて、4つ減ったのです。

増えた助成金

実習型雇用支援事業 : 去年7月の新設
新卒者体験雇用事業 : 今年2月の新設
建設労働者緊急雇用確保助成金 : 今年2月の新設
受給資格者創業支援助成金    : 以前からありますが本書から記載
短時間正社員制度導入促進等助成金 : 今年4月の新設
職場意識改善助成金 : 以前からありますが本書から記載

減った助成金

育児休業取得促進等助成金 育児休業促進措置 : 事業仕分けで槍玉に挙げられる。
育児休業取得促進等助成金 短時間勤務促進措置 : 同じく事業仕分けで言及。
特例子会社等設立促進助成金 : 投資額が巨大で中小には手が出せない。
介護雇用管理制度等導入奨励金 : 今年から予算付かず。

こうして見ますと、今回の執筆陣で選んだ「デキル」助成金のキーワードは新卒・建設・正社員・ワークライフバランスといったところでしょうか。雇うといっても、様々な理由=キーワードが必要な事がわかります。また、減らした方は、そんなにあっても、誰も使わない、あるいは中小企業の現実に合わないという感じでしょうか。

助成金全体では、経験のない、正社員でないヒトを経験ある正社員にする、この太い傾向は変わらないような気がします。
[PR]
by sinrousya | 2010-08-12 05:00 | 2010年度お知らせ


<< 実習型雇用支援事業 中小企業子育て支援助成金 >>