受給資格者創業支援助成金

本書ではP458~469 12ページ 記載例3枚

受給資格者創業支援助成金

去年は登場しなかった起業の助成金です。失業してハローワークに通っている方が、一念発起して起業しようとしたときに、人件費以外の費用の一部を助成しようというモノです。

今年度は以下のような改正がなされました。

・支給の上限額を200万→150万円に引き下げ。地方での優遇措置廃止。
・2名以上の労働者を雇用するときは、上限額を50万円プラス。

つまり、単独で起業するときは引き下げるが、見通しを持って複数以上の雇用をしようという場合には、法改正前の通りで行こうという改正です。

お上も、創業といえばすぐおカネを出すというのではなく、ある程度雇用に貢献できる創業によりおカネを出そうという政策に変わってきているものと思われます。

この助成金は社労士にとっては、ハロワの段階以降の、支給申請の段で相談がきます。創業してしばらくはヒマなことがあっても、その後は忙しくなったので、という理由でしょう。

ともあれ、新しくできた会社が元気なことはイイことです。
[PR]
by sinrousya | 2010-08-11 19:53 | 2010年度扱い助成金


<< 中小企業子育て支援助成金 両立支援レベルアップ助成金 子... >>