新卒者体験雇用事業

本書ではP325~329 5ページ 記載例1枚

新卒者体験雇用事業

今年の2月に新しく設けられた助成金です。最初は31日間雇って8万円の支給でした。それが4月の法改正で3か月までで最大16万円出るように拡充されました。

背景にはやはり新卒の就職難があります。「派遣切り」という言葉と同時に「内定切り」「新卒切り」という言葉も出現して社会問題になりました。かの中安金も、新卒を雇ってクビにするよりは、いきなり「休業」という道を開いています。

中安金は休業前提ですが、この助成金は雇って働いてもらう前提です。相談で「1ケ月8万円で来てもらってイイのか!」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、賃金は別にきちんと払っていただく必要があります。

中小企業はとにかく効率よく人材を活用しなければなりません。しかし若いヤツを育てないと、またその教育ノウハウを確立しないと、企業はどうしても落ち目になります。

この助成金の一番いいところはハローワークで求人している所なら若年者等正規雇用化特別奨励金試行雇用奨励金とセットで求人票に書けるところです。

もっとも新入社員には教育のシステムを整えることも重要です。そのためには教育関連の助成金も検討されてはいかがでしょうか。

本書では申請の第1歩となる計画書のひな形を掲載しています。
[PR]
by sinrousya | 2010-08-07 19:39 | 2010年度扱い助成金


<< 職場意識改善助成金 介護基盤人材確保助成金 >>