介護基盤人材確保助成金

本書ではP293~306 14ページ 記載例9枚

介護基盤人材確保助成金

介護事業は、始める前にぜひ助成金の専門家に相談していただきたいと思うのですが、その手始めになる助成金です。許認可を受ける前に、いや、許認可の申請と並行して行っていただきたいのです。

本書ではそのための計画・申請書はもとより、イレギュラーな事業計画書もその記載例をフォローしています。

介護事業はいうまでもなく資格者の事業です。ホームヘルパーのみならず介護福祉士などの専門家は必要でしょう。事業が進んで「では雇おう」という時点で考えても遅いのです。

この助成金は2010年4月には改正がありませんでしたが、この助成金と同じ時期に検討すべき「相棒」の助成金、介護雇用管理制度等導入奨励金が去年の秋で受付を締め切り、今年度も予算が付いていない状況ですので、このまま廃止になる公算が強いのです。

その代りのようにタイミング良く現れたのが介護職員処遇改善交付金です。介護職員のお給料を上げる目的の助成金ですが、イロイロ難しい問題も多いようです。運用が厳しくアトがコワイ助成金です。お勧めとはいかないと考えましたので、本書では敢えて取り上げませんでした。

ここ1年で介護関連の助成金地図も、さりげなく塗り替えられつつあります。しかし介護関連の助成金は併給しやすい分野の1つです。大いに申請しましょう!

●法改正追補=2011.3.31=============================
介護基盤人材確保等助成金は平成23年3月31日を持って廃止です。
P293~306 削除
厚生労働省のお知らせ

関連記事 : 介護助成金は壊滅状態
[PR]
by sinrousya | 2010-08-06 11:54 | 2010年度扱い助成金


<< 新卒者体験雇用事業 介護労働者設備等整備モデル奨励金 >>