介護労働者設備等整備モデル奨励金

b0170650_220395.jpg
本書ではP268~282 15ページ 記載例7枚

介護労働者設備等整備モデル奨励金

介護の労働者の身体の負担を減らすべく、設備投資した会社に支給される助成金です。設備投資の2分の1が支給されますが、その上限額がこの4月の改正で50万円増えました。

ただしこの助成金、設備を導入したから領収証を持って行けば支給されるものではありません。導入以外に2つのことが要求されます。

・使い方の研修を行う
・その導入効果があった!

そういうことをどうするかということは計画で書くことになっていますので、大局を慮ったやり方を考えることが必要です。そういう意味では「介護の助成金」という以外に「教育の助成金」という範疇に入れることも可能でしょう。

本書ではそのあたりの書き方の必要最小限の記載例を挙げています。ただし細かいところまで規定して計画を建てる方が事業所のためになることはいうまでもありません。
[PR]
by sinrousya | 2010-08-06 11:39 | 2010年度扱い助成金


<< 介護基盤人材確保助成金 介護未経験者確保等助成金 >>