定年引上げ等奨励金

本書ではP229~241 13ページ 記載例6枚

定年引上げ等奨励金

相当受けやすい助成金として、他の書籍にも紹介されていることの多い助成金ですが、この4月の年度替わりに、受給要件が厳しくなりました。

・70歳定年/定年の廃止/70歳以上の継続雇用を定める場合は、64歳以上の雇用保険被保険者がいること。いない場合は半額となること。

つまり、定年延長で直接恩恵を被るヒトがいないと「予備軍」だけでは半額に減らすよいうわけです。厳しくなったということは、結構件数が出て、恩恵を被る方がいなくてももらっている会社さんが増えたのでしょう。

定年延長すると「居座られる」という懸念がありますが、企業活動はそんなに甘いものではないでしょう。かのマクドナルドの定年廃止も「勤められるなら勤めてみろ」という姿勢が感じられます。

企業としては、何歳になっても能力のあるヒトには勤めてもらいたい、しかしその能力の中には体力も含まれるよ、というところでしょうか。

●法改正追補=2011.4.1=============================
2011年4月1日 中小企業定年引上げ等奨励金の改正

P229 下の表の④
「④希望者全員を対象とする65歳安定継続雇用制度の導入」
以下のように訂正
⇒「④希望者全員を対象とする65歳以上70歳未満までの継続雇用制度の導入」

その下の3つのセル 20(10) 30(15) 40(20)を以下のように訂正
⇒ 20 30 40

「65歳安定継続雇用制度」の導入事業主に対する奨励金は廃止。
⇒ ⑤および⑥は削除

P230 下から15行目 「65歳安定継続雇用制度の導入」とは
以下6行削除
[PR]
by sinrousya | 2010-08-05 19:57 | 2010年度扱い助成金


<< 介護未経験者確保等助成金 派遣労働者雇用安定化特別奨励金 >>