2008年12月~2009年2月の改正助成金

今度は、従来からある助成金で、改正されたものです。やはり額や支給率が増えたり、要件が緩和されたものが多いのです。

◆ 雇用調整助成金 
昔からある助成金ですが、助成率が上がり、受けやすくなりました。かなりの大企業でも受けられます。
◆ 試行雇用奨励金 
対象者が45歳以上の者に、40歳未満の者になります。1ヶ月4万円で、3ヶ月出ます。

◆ 中小企業短時間労働者均衡待遇推進等助成金(パートタイム助成金) 
金額が中小企業に限り、各項目10万円ずつ増額されました。正社員への昇進制度などに支給。
◆ 特定就職困難者雇用開発助成金 
障害者の方を雇う場合の支給額が30~80万円の幅で増えました。
◆ キャリア形成促進助成金 
若者等の育成、有期実習型訓練をする場合、座学の2分の1の助成が4分の3になり、実習の賃金助成率4分の3で新設されました。

◆ 中小企業子育て支援助成金
育児の100万円助成金。対象者が5人まで、2人目以降の受給額が20万円増額。
◆ 両立支援レベルアップ助成金(ベビーシッター費用等補助コース) 
中小企業の助成率を2分の1から4分の3に引き上げ、限度額を30万円から40万円に引き上げ。1事業所当たり限度額が360万円を480万円に増額。
[PR]
by sinrousya | 2009-05-18 05:00 | 2009年度お知らせ


<< 5月20日発売 助成金書籍の決... 2008年12月~2009年2... >>