5月22日、助成金セミナーのお知らせ

関西技術協力センター東京支部 2009年度 中小企業緊急雇用安定助成金セミナー

製造業組合でのセミナーです。3月は2回、4月は1回セミナーで講師をさせていただきましたが、今回は練り直して多くのQ&Aも引っさげてのセミナーとなります。法改正を網羅して、元の助成金とどう変わったかというところに力点を置きたいと思います。

中小企業緊急雇用安定助成金は「雇用調整助成金」単一だった時代は、工場向きの助成金でした。当時からの工場とはどういうものかというと…

◎ みんな一斉に出勤し、一斉に上がる
◎ みんな似たような仕事をしている
◎ 出るのも一緒。休むのも一緒♪

という労働形態です。現在はいかがでしょう。

◎ 時差出勤、フレックスタイム制、ワークシェアリングの時代
◎ 製造業とて、多品種つくる時代
◎ 出るヒト、休むヒト、格差の時代

です。つい最近まで中安金も工場向きでした。しかしここ3ヶ月で急速に「現代化」してきました。そこのところをザックリと分っていただければと思います。もちろん質問時間も多く取り、実務の質問にお答えいたします。

なお、会場ではできたてホヤホヤの本書も売らせていただきます。本書を買っていただいた方には弊事務所特製の役に立つプレゼントもご用意いたします。ぜひお越しください。
[PR]
by sinrousya | 2009-05-08 05:00 | 2009年度お知らせ


<< 定年引上げ等奨励金 助成金2つ以上受けられるか? >>