両立支援レベルアップ助成金 子育て期短時間勤務支援コース

両立支援レベルアップ助成金 子育て期短時間勤務支援コース

「短時間勤務」を特に強調した名前です。休みが取れないならせめて短時間勤務に、という考えでしょう。しかし労働の場、収益の場、という企業の考え方だけでは、意外に浸透しにくい考えともいえます。好況不況を問わず、以下のようになるでしょう。

好況 : 短時間勤務?この忙しいのに何言ってんだ
不況 : みんなが苦しんでいるのに1人だけ楽しやがって

子育ては人間の生存に必要というばかりでなく、年金制度の維持や新技術の創造といった具体的な効果があるのです。一見楽しく幸せに子どもと遊ぶことも含まれるので、特に独身者に微妙な感情が芽生えるのです。

経営者がそんな感情を持ってられるか、商売はそんなに甘くないという考えもあります。ただしそれだけでは済まない世の中になっていることも確かです。

2009.6.8改正で、以下の事業主も追加されました。上記サイトリンクにも反映しています。

短時間勤務制度にかかわる助成金の対象事業主に以下のものを追加
  ・3歳に達するまでの子を養育する労働者を対象とする
短時間勤務の制度を実施する中小企業の事業主
  ・3歳から小学校就学の始期に達するまでの子を養育する労働者を対象とする
短時間勤務の制度を実施する中小企業の事業主以外の事業主。
[PR]
by sinrousya | 2009-04-30 05:00 | 2009年度扱い助成金


<< 両立支援レベルアップ助成金 代... 介護労働者設備等整備モデル奨励金 >>