試行雇用奨励金

試行雇用奨励金

もっとも使いやすく、申請から2週間ばかりで出るので、事業主にとっては身近な助成金と言えるでしょう。ハローワーク経由の必要があり、「ハロワから来た人間はロクなのがいない」と言う方もいらっしゃいますが、高度な質を求めない限り、受給しないテはないでしょう。

この助成金に顕著なのは年齢制限ですね。40歳未満と45歳以上の労働者が対象になるので、40歳から44歳までの方は雇っても対象にならないのです。桝添厚労相はこれはバカらしいと言っていましたが、それはその通りです。

モトモトは若年者と高年齢者の雇用機会を増大するために設けられたのですから、働き盛りは必要ないという趣旨でしょう。しかし高齢者と若年者が接近し、ついに合併するのは近い将来のようです。

2009.6.8改正で以下の試行雇用が追加されました。

平成24年3月31日まで「実習型試行雇用奨励金」を支給。 
公共職業安定所の紹介により実習型雇用として6箇月以内の期間を定めて雇用する労働者として雇い入れる事業主に対し1人1月当たり4万円を最大3箇月支給。
[PR]
by sinrousya | 2009-05-16 05:00 | 2009年度扱い助成金


<< 「はじめに」の特徴 ”助成金マニュアル”見本届きました! >>