著者紹介:特定社会保険労務士 深石 圭介

b0170650_17525813.jpg
雇用助成金相談室・労務管理事務所 新労社代表。

昭和43年生まれ。平成4年新潟大学法学部卒業。同年出版社に入社。営業部に勤める。

以後、会計事務所に入所。社会保険全般・人材派遣などを担当。大企業、中小企業で幅広い分野のコンサルティングを経験。得意分野は助成金、賃金制度。

平成16年独立後、助成金を切り口に賃金制度の導入などで実績を挙げる。労務問題の悩みやもめごとを、経営者の立場で応援するコンサルタント。

社会保険労務士としてバックボーンに幅広い人脈。商工会議所・業界組合等において助成金・賃金制度を中心にセミナー実績多数。

日本法令「ビジネスガイド」日本実業出版社「企業実務」「月間中小企業」その他数誌に助成金関連記事を執筆。

趣味はサイクリング、歴史研究。1日100km走ることができる脚力を持つ。歴史の守備範囲は日本近代史や世界史を中心に幅広い。

賃金制度研究室・労務管理事務所 新労社
社会保険一般相談室・労務管理事務所 新労社
社労士専門家集団:新都心SRネットワーク
新労社 事務所報
バヌアツに行った社労士フレンチフリゲートの奮闘
メルマガ:新労社が贈る、人事のツボ!
[PR]
by sinrousya | 2009-05-05 05:00 | 2009年著者紹介


<< 助成金で食えるか?食えないか? 中小企業基盤人材確保助成金 >>