7訂版、発売です!

b0170650_04230614.jpg

おかげさまで、2009年の初訂版以来、7訂版を刊行させていただきました。Web上では、以下のサイト等で入手可能です。

日本法令バーチャルショップ Amazon 政府刊行物 紀伊國屋書店 楽天ブックス LOHAKO ローチケHMV 
TSUTAYA 7net

本書の内容は、主なところ以下の通りです。

7訂版 最新情報を網羅!雇用関係助成金 申請・手続マニュアル

2017年度 コンテンツ 価格・ページ数

年度替わりを挟んで、9か月振りの7訂版です。今春、昨年度出させていただいた6訂版がおかげさまで完売するとのお話から始まりました。「働き方改革」等の政策の反映、さまざまな助成金実務の知識の集積を待つことで、刊行がここまで延びました。

助成金のコンサルのとっかかりとなる“アンケート”を皮切りに、トピックの助成金をわかりやすい解説とリンクした豊富な記載例で掘り下げ、横断知識や付属知識、最後に税務で締める構成です。助成金申請にかかる“参考書”“総合実務書”を目指しています。
b0170650_04243848.jpg


[PR]
# by sinrousya | 2017-10-23 05:00 | 2017年度お知らせ

プレスリリース、書店販売


以下の出版社、書店様で紹介、平積みしていただきました!

産労総研、労務事情様
b0170650_01121762.jpg

八重洲ブックセンタ―様

b0170650_01120200.jpg
紀伊国屋書店 新宿本店

b0170650_01134955.jpg

ジュンク堂 池袋店

b0170650_01120767.jpg

[PR]
# by sinrousya | 2017-10-22 10:00 | 2017年度お知らせ

29年度助成金はどんなものだったか?

b0170650_23532120.jpg
雇用関係助成金は、毎年変わるものですが、その動態はどんなものでしたでしょう。29年度は以下のような特徴がありました。

・政策・1億総活躍社会:働き方改革、同一労働同一賃金・・・「制度の助成金」の隆盛
 名称の大幅な変更

昨年度の事件の影響
・介護助成金 バブル事件・・・実務の複雑化「出してみない分からない傾向の増加」
・労働移動支援助成金、「リストラ」事件・・・助成金は“労働者の福利”前提の確認
・研修大手の不祥事事件・・・研修実務の確実な証拠の提出の要求

私の書いたブログ記事も、セミナー以外で以下のようなものがあります。

平成29年度、雇用関係助成金のゆくえ 雇用関係“制度”の助成金とは?
人事評価改善等助成金のキモ 29年度、組合・団体向けの助成金
育休の助成金、「職場支援加算」とは?社労士が助成金をやりたがらないワケ
助成金、本に書けないこと、セミナーで言えないこと。雇用関係助成金、平成30年度予算要求

私は助成金についてトピックになることを、ブログに気ままに書いていますが、やっぱり制度と、厳格化する実務の影響を書くことが多くなりました。社労士にしても企業にしても、助成金そのもの目当ての時代から、助成金をもらえるような社内の人事労務の体制作りが重要な時代になってきています。そしてその傾向は、来年度も続くようです。

[PR]
# by sinrousya | 2017-10-22 05:30 | ★横断・小ばなし2017

教育関連の雇用関係助成金の横断

b0170650_13321767.jpg
ここ数年、拡充を続けてきた教育関連の助成金、「働き方改革」の一環として、昨年度半ば以来、助成金は簡略化・整理されたと言います。しかしまだまだ教育や研修をしようとすると、どの助成金がもらえるのか判断するというコンサルは健在です。

また、それらのものについてどういうカリキュラムを作ったらいいのか、というところも、当局に聞くだけでは会社それぞれですので、ハッキリしないところもあります。

本書では、各種の教育関連に触れる助成金を一覧表にし、さらにどのようなカリキュラムが一般的か、レベルはどういうモノかを記してあります。事業内職業能力開発計画・能力開発体系などは、人材開発支援助成金(訓練関連)で詳しく解説しています。

[PR]
# by sinrousya | 2017-10-21 06:00 | ★横断・小ばなし2017

各助成金に共通の判断基準

各助成金に共通の判断基準は、いくつかありますね。

1、生産性要件
2、中小企業の判断基準
3、厚労省の各種認定マーク
4、助成金で出す共通の書類

b0170650_13165160.jpg
中でも出色なのは、生産性要件でしょう。弊事務所にもけっこう相談がありました。助成金によっては昨年度から適用のものもありますが、年度初めから6か月目の、多くの助成金が要件をクリアするこの10月から本格運用することになります。

中小企業の判断基準は、助成金額を左右する大事なものです。ややマイナーな助成金での例外はありますが、1つにまとまってきつつあります。

厚労省の認定マークは、くるみんなど、少し厳しくなったものもあります。本書ではそれによって恩恵を受ける助成金も書いてあります。

共通の書類は、暴力団でないとか、倒産してないとか、当たり前といえば当たり前ですが、重要な書類です。なにしろ、不正をやったら公表すると書いてあるのですから。

これで分かるのは、雇用関係助成金の憲法とでも言うべき、最低限の決まりと、発展形のその恩恵の応用です。「判断基準」というのは、ちょっとカタいかもしれません(笑)

[PR]
# by sinrousya | 2017-10-21 05:00 | ★横断・小ばなし2017